研究について

実践栄養学分野の研究では、理論と実践をむすびつけることがとても重要です。当研究室では、食事・エネルギー摂取基準、栄養計画・食事計画、栄養・食教育、栄養・食生活支援など、そのプロセスも含めて研究しています。研究に協力してくださる対象者の方一人ひとりの笑顔を思い浮かべながら、多くの他機関の共同研究者とともに、科学的な根拠ある情報を発信していきます。

キーワード:マネジメント 食育 コミュニティ スポーツコミュニティ 地域連携 地域戦略 障がい者 健康格差 消費者行動

実践分野の研究でとても重要なことは、仲間づくりです。多くの研究者(早稲田大学、東京家政大学、電気通信大学、国立健康・栄養研究所、村山医療センター、国立身体障害者リハビリテーションセンター、埼玉県サッカー協会科学委員会など)や協力者(全国脊髄損傷者連合会、埼玉県サッカー関係者、消費者団体など)の方達とともに研究をすすめています。