障がい者支援

車椅子利用者の食生活ガイドライン、食事摂取基準作成に関する基礎的検討

栄養・食生活調査ならびに食教育介入の評価から、根拠に基づく食生活ガイドラインをつくります。

腕時計型活動量計の開発、それによる身体活動レベルの推定方法の開発に取り組んでいます。

最終的には、食生活ガイドラインや食事摂取基準の策定をとおした政策提言、地域における支援システムの構築を目指していきます。

support_01.jpg