ようこそ、稲山研究室へ!

稲山は、2018年4月1日、公立大学法人長野県立大学健康発達学部食健康学科に教授として着任いたしました。2003年以来、都立短期大学に2年、首都大学東京に13年、計15年間、都立の大学にお世話になりました。大学院での教育・研究、多学部の学生への教養教育、オープンユニバーシティでの生涯教育と、充実した大学教員生活でした。長野県立大学は2018年4月開学の小規模大学ですが、長野から世界へと、大きな使命をもった大学でもあります。久しぶりの管理栄養士養成校での教育にドキドキ、長野からどのような情報発信をするか!ワクワクの新しいスタートです。しばらくは一人研究室での活動になりますが、地道に、実践研究に向き合っていきます。 (研究キーワード:栄養マネジメント 食育 コミュニティ 地域連携 地域戦略 障がい者 健康格差 消費者行動)

トピックス&お知らせ

2020年9月24日 2020年9月24-26日:第75回日本体力医学会大会(web開催)で共同研究者の根本さんが発表しました。
2020年9月18日 山中さんの博士前期課程の仕事「The association between obesity and sedentary behavior or daily physical activity among children with Down's syndrome aged 7-12 years in Japan: a cross-sectional study」がHeliyonに掲載されました。
2020年4月20日 『ライフステージ栄養学』稲山・小林編著が出版されました。
2020年4月 1日 研究室メンバーの科研費申請、3件が採択されました。
2020年3月 7日 2020年3月7-8日:第21回日本健康支援学会年次学術大会。辰田先生が誌上発表しました。

トピックス&お知らせ一覧はこちら