2014年5月13日
稲山先生のプロジェクトの論文"Preliminary study for the assessment of physical activity using a triaxial accelerometer with a gyro sensor on the upper limbs of subjects with paraplegia driving a wheelchair on a treadmill"がSpinal Cordに発表されました。

K Kiuchi, T Inayama*, Y Muraoka, S Ikemoto, O Uemura and K Mizuno: Preliminary study for the assessment of physical activity using a triaxial accelerometer with a gyro sensor on the upper limbs of subjects with paraplegia driving a wheelchair on a treadmill. Spinal Coad, 52(7), 556-563, 2014(*Corresponding author), doi:10.1038/sc.2014.70

村山医療センターで行った研究です。

脊髄損傷の方を対象に、車椅子によるトレッドミル走行負荷試験を行いました。上肢に装着した3軸加速度・3軸角速度の合成値は活動量を評価できる可能性があることを示唆しました。