2014年11月 4日
稲山先生が書いた論文"Associations between abdominal visceral fat and surrogate measures of obesity in Japanese men with spinal cord injury"がSpinal Cordに発表されました。

Takayo Inayama*, Yukiharu Higuchi, Nobuyo Tsunoda, Hisako Uchiyama, and Hajimu Sakuma: Associations between abdominal visceral fat and surrogate measures of obesity in Japanese men with spinal cord injurySpinal Coad, 52(11), 836-841, 2014, doi:10.1038/sc.2014.162(*Corresponding author)

概要:日本の脊髄損傷者の男性の場合,内臓脂肪面積100cm2のカットオフポイントは,健常者を対象とした腹囲ならびにBMI基準値よりも低い可能性があることを明らかにした。