2015年2月 7日
角田先生が書いた論文"Key dietary behavioral and environmental factors mediating dietary variety among Japanese adults with spinal cord injury"がInternational Journal of Nutrition and Food Sciencesに発表されました。

Nobuyo TsunodaTakayo InayamaKikuko Hata and Jun Oka: Key dietary behavioral and environmental factors mediating dietary variety among Japanese adults with spinal cord injury. Int J Nutr & Food Sci, 4(1), 111-117, 2015. doi: 10.11648/j.ijnfs.20150401.25

日本の脊髄損傷者における,10食品群からなる食物摂取頻度スコアと食行動ならびに食環境との関連から、良好な食物摂取には、健康のために気をつける行動、食卓での会話、周囲からの支援が鍵となる可能性があることを明らかにしました。