2015年5月12日
角田先生が書いた論文"Vegetable dishes, dairy products and fruits are key items mediating adequate dietary intake for Japanese adults with spinal cord injury"がSpinal Cordに発表されました。

Nobuyo Tsunoda, Takayo Inayama*, Kikuko Hata, and Jun Oka: Vegetable dishes, dairy products and fruits are key items mediating adequate dietary intake for Japanese adults with spinal cord injury. Spinal Coad, 53, 2015(*Corresponding author)doi: 10.1038/sc.2015.78

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/sc.2015.78

主要10品目からなる食物摂取頻度調査でみた適切な食物摂取行動には、野菜、牛乳・乳製品、果物の摂取に関する準備要因やセルフ・エフィカシーが関連していました。日本の脊髄損傷者の成人を対象とした食生活のガイドラインでは、これらの日常の適切摂取を促すようなガイドが望まれます。