2017年2月21日
客員研究員 秦さんが書いた論文"The association between health related quality of life/dietary satisfaction and perceived food environment among Japanese individuals with spinal cord injury"がSpinal Cordに掲載されました。

Kikuko Hata, Takayo Inayama, Nobuo Yoshiike: The association between health related quality of life/dietary satisfaction and perceived food environment among Japanese individuals with spinal cord injury. Spinal Cord, doi: 10.1038/sc.2017.11, 2017.

在宅脊髄損傷者を対象に、健康関連QOLおよび食生活満足度と食環境認知の関連を検討しました。健康関連QOLの良好さには地域の食情報へのアクセスを認知していることが、食生活満足度の良好さには家庭内の食物および情報へのアクセスの認知が関連していることが示されました。

http://www.nature.com/sc/journal/vaop/ncurrent/full/sc201711a.html