2018年8月30日
栄養教育研究会で実施した調査報告「学校における食育の計画と評価の現状」が栄養学雑誌に掲載されました。

赤松利恵,衛藤久美,稲山貴代,神戸美恵子,岸田恵津,中西明美:学校における食育の計画と評価の現状─管理栄養士免許の有無および免許取得時期による比較─.栄養学雑誌,76(4),89-97,2018.Doi: doi.org/10.5264/eiyogakuzashi.76.89(責任著者:赤松)

学校における食育の計画並びに評価の実施状況と関連する知識を把握し,管理栄養士免許の有無と免許取得時期による比較検討を行うことを目的に,栄養教諭・学校栄養職員(1,406人)を対象とした質問紙調査を行いました。その結果,目に見える形での子どもの変化を評価している者は約1 割でした。また,新カリキュラムでの管理栄養士免許取得者の知識は高かったですが,実践している者は少なかったことを明らかにしました。