2019年3月 3日
山中さんが第20回日本健康支援学会年次学術大会優秀賞を受賞しました!

山中恵里香,大河原一憲,岡崎勘造,稲山貴代:ダウン症がある児童・生徒の学期中と長期休暇中における身体活動量の違い,第20回日本健康支援学会年次学術大会,仙台市(東北大学),2019年3月2日-3日(第20回日本健康支援学会年次学術大会優秀賞受賞)

http://jshp.umin.jp/meeting20/award.html

笹川スポーツ研究助成で実施した子どもと保護者を対象とした調査研究の成果の一部です。

地道に続けてきた仕事を評価していただき、今後の研究活動の励みになりました。