12月14日に公開シンポジウム 「子どもの貧困と「食」格差:政策は何ができるか」に参加してきました.

12月14日,公開シンポジウム 「子どもの貧困と「食」格差:政策は何ができるか」に参加してきました.

村山伸子先生(新潟県立大学),日名子まき先生(厚生労働省雇用均等・児童家庭局),可知悠子先生(日本医科大学),鴈咲子先生(跡見学園女子大学),八田和嗣先生(文部科学省初等中等教育局),阿部彩先生(首都大学東京)などの先生方のご講演とパネルディスカッションでした.

IMG_7339.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究データや実際の様子を交えて,今後の子どもの貧困対策について,熱い議論が繰り広げられました.